1. HOME
  2. ブログ
  3. 害虫が発生して枯れてしまった黒松を伐採 大阪市城東区

害虫が発生して枯れてしまった黒松を伐採 大阪市城東区

松伐採後
松伐採前大阪市庭木手入れ松伐採後
植木伐採前
植木伐採後

害虫が発生して枯れてしまった黒松を伐採 大阪市城東区

黒松を伐採 大阪市城東区

大阪市城東区にお住まいのお客様から、黒松の伐採、およびマキやキンモクセイなどお庭の植木の剪定のご依頼をいただきました。

もともと、お庭のお手入れはお客様ご自身で行っていたそうですが、3~4m以上の植木(黒松やクロガネモチなど)には、手が届かず、ここ数年の間は手つかずの状態でした。

そのせいもあってか、マツクイムシというとても小さい害虫が、黒松に大量に発生してしまい、あっという間に葉っぱを弱らせ、枯れこんでしまいました。

「このまま置いておいても仕方がないので、黒松は伐採して、残りの植木もついでに剪定してください」とご要望をいただきましたので、そのようにさせていただきました。

斜めに伸びた黒松を低木に当たらないよう気を付けて伐採

松伐採前

上の写真を見ればお分かりいただけるかと思いますが、4mの黒松は、斜め方向に伸びています。

ですので、真っすぐに伸びた植木を伐採する場合とは、違う位置(枝が伸びている方向)に枝が落ちますので、周りのサツキやツゲなどの低木を傷つけることがないように注意して、伐採作業を行いました。

今回のお家の黒松はそうではありませんが、斜めに伸びた枝がお家の屋根などに被っていることがあり、そのような場合は特に、落とした枝や幹が、屋根などを傷つけないよう、支えながら切ることもあります。

バランス良く植えられたキンモクセイ、柊などを剪定

松伐採後

広いお庭にバランス良く植えられた、キンモクセイや柊などの植木は、それぞれ丸みを持たせたり、枝を透いたりしてバランス良く剪定作業を行いました。

写真には写っていないのですが、4m以上の高さがあったクロガネモチは、1mほど高さを落として、3mくらいの高さになるように剪定し調整しています。

朝から夕方にかけて伐採・剪定を行い、ゴミをまとめて作業は完了です。

ゴミは、軽トラック1台山盛りです。

黒松の伐採や剪定の作業時、ご在宅だったお客様には、「とてもキレイになりましたね!!」と、仕上がりを大変気に入っていただくことが出来ました。

「これまで自分で植木の剪定(手入れ)を行うのも大変だったので、次回からの剪定作業もお願いします!!」と、嬉しいお言葉もいただきました。

大阪市城東区の黒松の伐採剪定なら大阪市城東区の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!

 <植木伐採>

黒松 4m 1本

<植木剪定>

マキ 4m 1本

キンモクセイ 2m 1本

クロガネモチ 4m 1本

柊(ヒイラギ) 3m 1本

杉 3m 3本

低木(サツキ・ツゲ) 10㎡

<作業時間>

1人1日

工事費用: ¥30,000 (税込)

関連記事